「Flowerscape(フラワースケープ)」展

2012年4月28日(土)―7月22日(日)

展覧会タイトルは Flower(花)と「景」を意味する -scapeを組み合わせた造語です。花のある様々な光景、花の描かれた絵画空間を「Flowerscape(フラワースケープ)」と名付けました。 展覧会は9つのセクションから構成されます。花を愛でる喜びをそのまま伝えるような花畑や庭園の絵画から出発し、ポップ・アートの花園、花の絵画に魅入られた仮想コレクターの部屋などを巡りながら、最後に花と人の生命が響き合う場所へとたどり着きます。その途中には花の女神フローラが登場し、花の絵画を読み解くためのメッセージを伝えてくれる予定です。 芸術家たちは独自の視点と手法によって、現実とは異なる花を描き出しました。それら描かれた花々は私たちの記憶や感覚に働きかけ、新たなイメージを開花させることでしょう。

会期:2012年4月28日(土)―7月22日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(ただし4/30、7/16は開館)、7/17
主催:DIC川村記念美術館
http://kawamura-museum.dic.co.jp/
入館料:一般 1200円 / 学生・65歳以上 1000円 / 小中学生・高校生 500円

出品作家:有元利夫、岡鹿之助、ジョージア・オキーフ、岸田劉生、杉浦非水、野中ユリ、福田美蘭、クロード・モネほか

コメントは受け付けていません。