バラの美術館 ROSEUM ロージアム

バラのある公園

デビッド・オースチン 「イングリッシュローズガーデン」

●大阪・泉南 花咲きファーム「イングリッシュローズガーデン」
ここは世界でも有数の大きさを誇るローズガーデンです。空気の澄み渡る土地、大阪・泉南にデビッド・オースチンの新たなイングリッシュローズガーデンがあります。ガーデンはテーマごとに分かれており、来る人の目を奪います。
大阪・泉南という土地にイングリッシュローズガーデンを作ったのには、理由があるそうです。温暖な気候と適度な湿度のこの土地を選んだことで、最高品質のバラを育てるのに日本がどれだけ合っているかを証明しています。
デビッド・オースチンといえば、現在に至るまで200近いイングリッシュローズを生み出してきた、バラの育種家・栽培家です。花咲きファーム「イングリッシュローズガーデン」は、デビッド・オースチンが手がけたイギリス本国以外での初めての本格的ローズガーデンであり、開園から2年経った今、多くの人々を魅了しています。

●プランツセンター
ガーデンに隣接するプランツセンターには、日本国内で最大規模のバラの鉢苗コレクションが揃っており、約100種類のつるバラやオールドローズなど、幅広い種類のバラを購入することができます。並外れた返り咲き性と耐病性を持ち、芳醇で豊かな香りが魅力のイングリッシュローズを、ぜひご自宅でもお楽しみください。

●2014年度最新品種は3品種!

オリビア・ローズ・オースチン
オリビア・ローズ・オースチン
ザ・ポエッツ・ワイフ
ザ・ポエッツ・ワイフ
ザ・レディ・オブ・ザ・レイク
ザ・レディ・オブ・ザ・レイク
「オリビア・ローズ・オースチン(イングリッシュ・リアンダー・ハイブリッド)」は、今までのベスト品種ではないだろうか!と評されており、デビッド・オースチン・ジュニアの娘の名前が付いた特別なバラです。ソフトピンクの色合いに、心地よくはっきりとしたフルーティーな香り。四季咲き性が強く、あらゆるバラの中で最も耐病性のあるバラともいえます。
 「ザ・ポエッツ・ワイフ(イングリッシュ・オールドローズ・ハイブリッド)」は、遺伝子の中にリアンダーグループの系統を少し持ちながらも、他のイングリッシュ・オールドローズ・ハイブリッドとも良くなじむバラだといわれています。色あせないはっきりとした黄色の花びらを持ち、レモンのような香りで始まり時間と共に濃厚な香りへと変化していくのも特徴です。
 「ザ・レディ・オブ・ザ・レイク(イングリッシュ・ランブラー)」は、およそ3-3.5m以上の高さになることが分かっています。肌色に近い、優しいピンクの半八重の花を付けるこのバラの名前「ザ・レディ・オブ・ザ・レイク」とは、アーサー王物語に登場する伝説の島、アバロンの守護者「湖の乙女」のことで詩人ウォルスター・スコットの名高い叙事詩の中でもカギとなる人物です

●一番おすすめの来場期間は?
どの季節でも楽しめる、花咲ファーム「イングリッシュローズガーデン」。中でも一番のお勧めは、5月中旬から6月に開催されるローズフェスティバルです。この期間中ガーデン内の開花はピークを迎え、スタッフによるレクチャーや、ガーデンツアーも行われます。
またバラが返り咲きを迎える10月には、秋のローズフェスティバルも開催されます。
是非この機会に、デビッド・オースチンの「イングリッシュローズガーデン」を訪れてみてはいかがでしょうか。

●デビッド・オースチンの無料カタログ「バラのハンドブック日本語版第7版」
デビッド・オースチン・ロージズ社では、最新品種が掲載された新カタログ(第7版)を配布中(無料)。ご希望の方はウェブサイトまたは072-480-0031(平日9時〜17時)にてご請求ください。

花咲きファーム イングリッシュローズガーデン

デビッド・オースチン・ロージズ株式会社
〒590-0524
大阪府泉南市幡代2001番地
TEL:072-483-0878
URL:https://www.davidaustinroses.co.jp/japan/Advanced.asp?PageId=2244

●開園時間:
 3月1日から10月31日迄  午前9時〜午後5時
 11月1日から2月28日迄  午前10時〜午後4時
●休園日:年末年始
 営業時間は状況により急遽変更する可能性がございます。公園のHPで直接ご確認ください。
●入園料:無料
●アクセス:
 JR阪和線の最寄り駅は和泉砂川駅です (花咲きファームまでタクシーで10分)。
 南海本線の最寄り駅は樽井駅です (花咲きファームまでタクシーで15分)。
●駐車場:有、無料

│  バラの美術館とは │  運営会社 │  サイトマップ │  お問い合わせ │