バラの美術館 ROSEUM ロージアム

バラのある公園

ハウステンボス バラの街



ウエルカムガーデン
ウエルカムガーデン

異文化の玄関口として栄えた長崎に、古きよきヨーロッパを再現したリゾート施設「ハウステンボス」。
総面積は152ヘクタールで、東京ドーム33個分、ディズニーリゾート(ディズニーランド+ ディズニーシー)全域とほぼ同じ大きさで、単独のテーマパークとしては日本最大。「ハウステンボス」は、佐世保市の町名のひとつにもなっています。
その広大な敷地が一番華やぐの季節が初夏。色とりどりのバラが、運河に寄り添い、レンガをつたい、じゅうたんやカーテン、アーチやゲートとなって立体的に配され、大迫力で私たちを迎えてくれます。

本格的にバラの植栽をスタートしたのは2005年。全長1km のバラの運河や、レンガをつたうバラ、様々なバラが咲き競うガーデンや宮殿など、年を重ねるごとに街はバラに彩られていき、2011年初夏には、100万本のバラが街並みと見事に調和。毎年バラの最盛期を含むゴールデンウィークから6月の初旬にかけては、「バラ祭」が開催され、バラをテーマにした数々のイベントが行われます。
「ローズ ペイザージュ国際バラコンクール」の審査会もここで開催されました。「ローズ ペイザージュ」とは「景観をつくるバラ」という意味があり、「バラと街並みが調和した風景」創出に力をいれている「ハウステンボス」ならではの舞台だったといえるでしょう。

「バラの街」は、ヨーロッパの街並みにバラが溶け込むシーンが随所に展開され、まるで街中に作品が点在する「天井のない美術館」のよう。入国してすぐの「ウエルカムガーデン」は、ゲートを覆う鮮やかなバラと可憐なマーガレットとの競演で、美術館めぐりへの期待が一層高まります。レンガ造りの建物の壁面をつたうツルバラや、水面に映るバラなど、異国情緒あふれる美しい光景には、思わずため息がこぼれます。

全長1kmにおよぶ「バラの運河」は、両岸の(テラス)壁面が上から下に向かってツルバラに覆われ、バラの流れが運河に注ぎこまれているかのような絶景が広がります。「運河と調和したバラの風景が見られるのは世界でもここだけです。」とは、営業本部、広報宣伝担当の内薗志津佳さん。運河沿いのレンガを下に向かってつたうバラなど、珍しい風景も植栽スタッフを中心としたメンバーの知恵と技術の賜物だとか。カナルクルーザーに乗って運河を進むと、鮮やかなバラがグラデーションとなって施されていることに気づきます。
「アートガーデン」は、アートと一体化した場内最大のバラのガーデン。国別・色別に植栽されていて、世界各国のたくさんのバラに触れることができます。バラや花に関する様々なイベントやセミナーもここで開催されます。「バラに詳しい方はもちろん、一般の方にも楽しめるように工夫して風景を作りだしています。」と内薗さん。花の咲かない冬には、約550万球のLEDイルミネーションを敷き詰めて「光のアートガーデン」になるそうです。

そして、オランダ女王の宮殿を再現した建物に、2つのバラ園を持つ「バラの宮殿」。香りの濃いバラを集めた「ローズガーデン」の中央には、ちょっとユニークな幼少期のヘラクレス像の噴水が。ロイヤルファミリーの名前がついたバラもあります。「ホワイトローズガーデン」は、白を基調としたバラや宿根草で統一された、ウエディングもできるロマンチックなガーデン。馬車で登場して、白亜の宮殿「パレス ハウステンボス」で挙式という、まさに女の子の夢が凝縮されたウエディングスタイルが叶います。
この「バラの運河」「アートガーデン」「バラの宮殿」の3つは、3大バラスポットと呼ばれています。

「日本中にたくさんのバラ園がありますが、ハウステンボスの最大の特徴は街並みに溶け込んだバラです。景色に調和したバラを景観と共に楽しんでほしいですね。」と先述の内薗さん。「とにかく広いので、端から端まで堪能するならレンタサイクルや場内バスが便利です。ホテルもありますから、滞在して楽しむのもおすすめ。オープン前の場内を散歩することもできますよ。」
ホテルやミュージアム、レストランやカフェ、ショップなどの施設も充実。圧倒的なバラの魅力に包まれる幸せな時間を、多彩に演出してくれるテーマパークです。

バラの運河
バラの運河
アートガーデン
アートガーデン
バラの宮殿
バラの宮殿

ハウステンボス

〒859-3292
長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
TEL:0570-064-110(ハウステンボス総合案内ナビダイヤル)

●アクセス:
長崎空港から高速船またはバスで約50分
博多駅から特急「ハウステンボス」で1時間45分、長崎駅から長崎本線/大村線・快速「シーサイドライナー」
クルマでは、長崎自動車道・東そのぎICから約25分、西九州自動車道・佐世保大塔ICから約10分
●開園時間:9:00 〜 21:00(年中無休)
※金・土・祝前日は〜 22:00、その他特殊日(GW・お盆・年末年始)やイベント内容などにより変更あり、詳細 は問い合わせを
 営業時間は状況により急遽変更する可能性がございます。公園のHPで直接ご確認ください。
●チケット
入場のみ:大人(18歳以上)3000円、中人(中・高生)2000円、小人(4歳〜小学生)1000円
●料金
テーマパークゾーンを楽しむには、とくとく入場セット券を。
1DAYとくとく入場券セット(対象有料施設1 日利用+入場1日)
大人5400円、中人4400円、小人3400円
※その他「2DAYとくとく入場券セット」、「ムーンライトとくとく入場セット券」、「オフィシャルホテル宿泊者限定チケット」、「期間限定・前売りチケット」などあり。詳細はホームページまたは問い合わせを。
●URL:http://www.huistenbosch.co.jp/

バックナンバー

バラの検索

バラの系統
花のカラー
育種家別

│  バラの美術館とは │  運営会社 │  サイトマップ │  お問い合わせ │