バラの美術館 ROSEUM ロージアム

バラのコラム

シャポー ドゥ ナポレオン

シャポー ドゥ ナポレオン

シャポー ドゥ ナポレオン
シャポー ドゥ ナポレオン

ナポレオンのシャッポ、つまり「ナポレオンの帽子」という名前がつけられたバラがあります。ご存知の方も多いと思います。
独特な形をもったバラはいろいろありますが、このような形をしたバラはおそらく他にはないでしょう。
その独特の形というのは、萼です。普通のバラの萼片は長披針形が長かったり短かったりしますが、本種の萼片は幅が広く三角形をしています。さらにその縁が細かく刻まれフリルのように重なり合い、一見コケのようにも見えます。そのため、長いことこのバラはモスローズに分類されていましたが、本来のモスローズは萼片の切れ込みではなくて萼片の外側から萼筒、花首にかけて腺毛をもつ種類をいいますので、現在はモスローズではなくてケンティフォリアローズに分類されています。多少の腺毛をもってはいます。
この萼片の三角形の形がナポレオンの帽子に似ているということで‘シャポー ドゥ ナポレオン’名付けられました。
別名はクリスタータ、クレステッド モス、ロサ ケンティフォリア クリスタータなどがあります。このクリスタータもクレステッドもどちらも‘とさかがある’‘とさかがついた’という意味で、この萼片のフリフリをとさかに見立てたものでしょう。
ナポレオンについては改めてご紹介するまでもないかもしれませんが、18世紀末に台頭しまたたく間にフランスの皇帝にまで駆け上がった人物です。1804に年皇帝位につき、1814年までの短い間にヨーロッパの多くを勢力下におき、最後はロシア攻略に失敗し、再度立ち上がったもののワーテルローの戦いの敗戦によって完全に失脚した人物ですが、そのエピソードは数多く知られています。
ベートーベンの3番「英雄」やピアノ協奏曲「皇帝」はナポレオンに捧げたものと言われますし、トルストイの「戦争と平和」は全面にナポレオンとの戦争がバックになっている壮大な物語りです。
そのナポレオンはバラの名前にもなって三角形の帽子をいつも思い出させてくれています。

コラム寄稿

野村 和子(のむら かずこ・バラ文化研究所副理事長) 
恵泉女学園短期大学園芸科卒業。
京成バラ園芸・研究所で鈴木省三氏に師事。氏の意志を受け継ぎ、バラ文化研究所を設立。佐倉市に協力して草ぶえの丘バラ園および資料室の管理運営を行う。
著書「オールドローズ花図譜」(小学館)、「オールドローズ」(NHK出版)、「四季の花だより」(千葉市みどりの協会)他。

バックナンバー

バラの検索

バラの系統
花のカラー
育種家別

│ バラの美術館とは │ 運営会社 │ サイトマップ │ お問い合わせ │